綺麗なサンゴならインド洋に潜る。インド洋の楽園モルディブはリング状になった26もの環礁が距離にして800キロも連続しており、古から「真珠の首飾」と他国より羨ましがられてきたのです。

日毎出航している食事を楽しめる客船「モビーディック号」で常夏の地、沖縄の感動的な夕日で紅く染まった風景を眺めつつ、ハイクラスな食事を満喫してください。

ダイビングのつわものは「ダイビングの頻度が結構ある」「ダイビングが上級クラス」と評されることのみではなかなかなれません。

様々なダイバーが楽しみにしている!いつも絵にかいたような海を自ら感じるために多数のダイバーたちがこの海に渡ります。

ダイビングスクールを受講する際は、受講費用以外にプールでの実習費用や教材費用、実際に海に出てからの実習に欠かせない施設の利用料、海までの交通費やホテル代、その他にはレンタル器材代などが掛かる費用となります。

沖縄では夏の季節に県外のダイバーがおおいので、その時だけお手伝いさん(夏場だけのスタッフ)が常駐していないのは凄くあり得ないダイビング専門店だと思われます。

初級ダイビングなら、肩ひじ張らずに水の中をゆったり泳ぐことを楽しめます。 何の不安も抱くことない代わりに、水中に入る地域や深さと入水時間に規則が設けられていますが、いずれにしても経験してみましょう!

ダイビングで楽しんでいる間の事故は別のスポーツなんかと比べてみると全然多いと思われていますが、むしろ逆でほとんど危険はありません。ここ1年の統計で亡くなった方や行方不明のダイバーの数は14と聞いています。

沖縄の那覇市から西の方角へ約15kmのチービシ環礁はナガンヌ島と神山島、クエフ島の3島からできており、最も広大な島がナガンヌ島なのです。素晴らしいコントラストを目の当たりにできる美麗な島です。

トライアルダイビングはプロダイバーの技術を支えに軽く体験できるラインです。緊張なくダイビングを感じるために求められるスキルを知っていただくことになります。

沖縄本島に残っている無垢の自然に出合うアウトドアの旅。シーカヤックで無人の小島に上陸したり、ジャングルにある滝で滝壺にダイブしたりと本物の自然を味わえます。

流行のウェイクボードという遊びは水上版のスノーボードと言うべき面白さです。あの水上スキーと同じスタイルで、スピードボードで牽引してもらい水面を走るエキサイティングなスポーツです。

とにかく望んでいたダイビングを始めようとするからには、完璧に自分のものにしたい、いろんな素敵な水中を楽しめるダイバーになってみたい、しかし、最初にすべきことが、考え付かない。

ダイビングを2つに分類するとなると、レクリエーションと職業ダイビングに分類されます。どうせ取り組むならダイビングのプロフェショナルを目指しても面白くないですか?本物のプロダイバーの実践を見ることも楽しいですよ。

沖縄シュノーケリングの代表格として話題の荘厳な「青の洞窟」と大小20ほどの島から成る「ケラマ諸島」、双方のシュノーケリングプランの内容をマリンスポーツサイトに勤めている人が完全取材!